ホーム > 歯並びはなぜ悪くなるのか

歯並びはなぜ悪くなるのか

歯並びはなぜ悪くなるのか

小児の歯並びが悪くなる要因

指吸いや指しゃぶりなどの癖
指吸いや指しゃぶりなどの癖
赤ん坊がミルクを飲む時のベロの使い方と成長してものを噛んで食べる時のベロの使い方は異なります。
普通は成長するにつれてそれがスムーズに移行するのですが、移行が上手くできない子供も結構多いのです。
そして、上手く移行できない場合は成長・発育に影響がでて結果として歯並びが悪くなってしまうことがあります

例えば、指使用(指吸い・指しゃぶり)です。
つまり乳首を吸っているベロの使い方をする、などの癖が治らないと歯並びが悪くなる可能性が高くなるのです。
歯並びを悪くするかもしれない癖のチェックポイント

次のような癖を日常的に行っている場合に歯並びを悪くするかもしれません。

  • ずれて噛んでいる
  • 上下の歯の位置が違う
  • うつぶせで寝る
  • 傾いて寝る
  • 肘をつく、頬杖をつく
  • 口呼吸している(口唇を閉じたままで息ができない場合は口呼吸していると考えられます)

口呼吸を除いては保護者の方でも比較的わかりやすいでの時々チェックしてもらうと良いですね。
癖の改善には専門的な指導が必要ですので専門医に診てもらうのがよいでしょう。
適切な改善方法を指導してもらい実践していくことが欠かせないのです。
早めに改善できるほど癖も早く治り、歯並びの悪化を止めるとともに健全な状態にもっていくことができます。

両親の骨格の遺伝
両親の骨格の遺伝
両親の骨格は子に遺伝するといわれています。
両親の歯並びが悪いなら、その子供も悪くなる可能性が高いと考えられるわけです。
そのためその両親は、自分の子供の歯並びが悪くなるかもしれないという意識を持つ必要があるといえるでしょう。

そして、歯並びが悪くならないうちに一度専門医に相談する、診てもらうことが重要です。
悪い芽が出ないように、出ても直ぐに対処できるようにとにかく早い検診を受けることをオススメします。
八尾の髙橋矯正歯科クリニックではやる必要もない治療を無理に勧めるようなことはしないので、安心してご相談ください。
喉、鼻、口の状態の影響
喉、鼻、口は密接な関係があるので喉や鼻の状態が歯並びに影響します。
例えば、扁桃腺が大きい人は歯並びに影響しやすいと考えられています。
扁桃腺が大きいと顎の発育に影響が出やすく、出っ歯になることも少なくないのです。

注意が必要な乳歯の歯並び

乳歯の段階で前歯に隙間(スキマ)がない場合は注意が必要です。
乳歯の段階では前の歯に隙間がある状態だと正常なのですが、生え変わる永久歯が大きいので前の歯に隙間がない場合は歯並びが悪くなることが多いのです。
例えば、歯並びが凸凹になる、歯が重なり合うといった状態になるかもしれません。
前歯の噛み合わせで上の歯と下の歯が面一でない場合は注意が必要です。
前歯の噛み合わせで上の歯と下の歯が面一でない場合は注意が必要です。
乳歯の時点では前の上下の歯が面一(上下の歯の面が一致している状態)で噛み合わさるのが正しい噛み合わせですが、前の歯が抜けた時に通常前へと生えてきます。
もし乳歯の段階で上の歯が面一ではなく前に出ている状態なら永久歯はさらに前へと生えてくるので出っ歯になりやすいのです。

現在の状態を知るためにも、まずは一度八尾の髙橋矯正歯科クリニックまでご相談ください。

※もちろん出っ歯といわれる状態も過度に出ているケースと少なめに出ているケースもあります。