ホーム > 矯正をお考えの保護者の方へ

矯正をお考えの保護者の方へ



矯正を子供のうちにするメリット

成長期にある子供の発育を利用して矯正治療ができます。
成長期にある子供の発育を利用して矯正治療ができます。
成長期の発育を利用すれば大人の矯正で使用するワイヤーのような負担の大きい装置を付けなくてすみます。

つまり、より簡単な装置を使用できるので子供が痛みを感じることが少なく、食事も楽しくいただくことができるのです。
また、目立ちにくいタイプの装置なので見た目の悪さを気にすることも少ないでしょう。
費用負担が少なくすみます。
子供の頃の矯正治療では自宅でできる部分もあり大人の治療に比べ費用も少なくすみます。
大人の治療のような矯正料金がまるまるかかる前にやれることがあるので早めに専門医の診察や治療をうけるほうが費用的にも有効なのです。
矯正後の後戻りの確率が低くなります。
矯正後の後戻りの確率が低くなります。
骨格が出来上がっている大人の場合では、矯正しても矯正前の状態に戻ろうとする力が強いので、子供の場合と比べ元に戻る確率が高いのです。

しかし、子供の場合骨格が出来上がる前に矯正治療を行っていけば矯正前の状態に戻る確率を大きく下げられるわけです。
これが子供の頃に行う矯正治療の大きなメリットの一つといえます。

キレイな歯並びは、健全な発育に必要です

キレイな歯並びは、健全な発育に必要です
人間の歯は、キレイに並んでキレイに噛む、キレイな噛み合わせを行うことで大きな役目を果たしているのです。

子供の時にそのようなキレイな状態にする、維持するほどほかの体の部分の成長にもよい結果をあたえ、健全な体づくりに役立ちます。
その歯の綺麗な状態は健全な歯並びであってこそ実現されるので、逆に歯並びが悪いとお口だけでなく顔や体全体に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
歯並びが悪いと変な噛み方になってしまいます。
歯並びが良い、健全であるということは変な噛み方にならないために必要なことなのですが、今の子供の噛み方は悪いケースが多いですね。
成長期に正しい噛み方ができると口腔内だけでなく体全体のバランスのとれた成長に役立つのですが、誤った噛み方を続けるとその逆になってしまいます。

そして、子供のときについた変な噛み方の癖は大人になってからでは非常に直しにくいので、子供のうちに噛み方の癖を直すことがとても大事なのです。
子供のころに矯正治療に入り悪い癖を直していけば、歯並びの悪化を防止でき、さまざまな体への悪影響も防止できます。
八尾の髙橋矯正歯科クリニックではこの点を保護者の方に良く憶えておいてほしいと思っています。

歯科矯正について保護者の方にお伝えしたいこと

子供の歯並びを日頃から気にしてみてください。
子供の歯並びを日頃から気にしてみてください。
子供の口やベロの使い方などの癖や遺伝が良くない歯並びの原因になります。
しかし、両親がそうした点を理解して原因を掴み早く対策をとれば歯並びの悪化を防ぎ、良い状態に保つことができるのです。
そのためにはまず親が子供の歯や歯並びに常に関心をもつ、気遣う意識を持つことが何より重要です。

子供の歯並びに関心を持っていれば良くない状態の兆候に気づき、早めの対策を打つことができます。
例えば、通院しなくても家でやれる改善方法などもたくさんあります
そうした点についても当クリニックでは専門医院としてお教えいたします。

口やベロの使い方の癖の悪さを早く気づき早く改善を行うほど、その癖は早く治っていき歯並びも良くなっていきます。
適切な口やベロの使い方が健全な歯並びを形成する、ということを忘れないでほしいですね。
保護者があまり神経質になり過ぎないことも大切です。
保護者があまり神経質になり過ぎないことも大切です。
保護者が歯並びや癖の悪さを過度に指摘したり、矯正治療の受診を強要したりする行為は子供に敏感に伝わってしまうものです。
そうなると癖を直そうとする意欲や治療していこうとする意欲が低下してしまい、治療の断念に繋がってしまうのです。
また、子供の十分な理解なしに無理に早く治療を始めても同じような結果に繋がるかもしれないので注意が必要です。

10~12歳が発育のピークになりますが、この間に子供自身が自覚して治療していくことがとても重要で、それが治療自体の効果を高めるのです。
それまでは治療に関して保護者があまり神経質にならないようにしてほしいと思います。

爪を噛むような変な癖がないかなどに注意をして子供自ら改善に取り組む意識をもたせることがとても重要です。
そのための自宅での改善の取組み方なども八尾の髙橋矯正歯科クリニックでお教えいたします。
美観的な歯並びの治療の判断は個人の考え方次第です。
美観的な歯並びの治療の判断は個人の考え方次第です。
美観的に歯並びが良い、悪いという判断は個人によって異なります。
つまり、審美的な治療(見た目の良さを改善する施術)の判断は各個人の考え方次第ということになります。
その見た目の程度を本人が気にならず、歯や体全体の健康上の影響が少ないのであれば敢えて矯正治療をする必要はないかもしれません

しかし、子供の場合はどのように歯の状態が変化していくか専門医でないと判断が難しいのでまずご相談されることをオススメします。