ホーム > 悪い歯並びのリスク

悪い歯並びをそのままにしておく場合のリスク

悪い歯並びをそのままにしておく場合のリスク

悪い歯並びをそのままにしておく場合のリスク

発音に影響します。
歯と歯の間に隙間があると上手く発音できないことがあります
姿勢が悪くなる可能性があります。
姿勢が悪くなる可能性があります。
子供のころの歯並びの悪さが骨格に悪い影響を与え姿勢を悪くすることがあります。
歯並びの悪い人の多くが姿勢も良くないことが多いのです。

骨格が完全に形成された大人になってから姿勢を改善することは簡単ではありません。
子供のうちに歯並びを改善しておくことが健全な骨格をつくるのに役立ち、結果として良い姿勢を維持しやすくなるでしょう。
大人になってからの治療の負担が大きくなるかもしれません。
子供の頃に治療をしておかないと症状がどんどん悪化してしまい大人になってからの治療の負担が大きくなるかもしれません。
大人の治療の場合、ブラケットやワイヤーなどの高価な装置を使用するため費用も多くかかるだけでなく、装置の見た目が気になり嫌な思いをするかもしれません。
メンタル面に悪影響を与えます。
歯並びが悪いというコンプレックスを持つなどメンタル面に悪影響を与えます。
子供の頃に歯並びが悪化していくと、自分自身で気にしたり、友達からからかわれたりしてコンプレックスを持ってしまうことは少なくありません。歯並びが悪いというコンプレックスを持つなどメンタル面に悪影響を与えます。
もし子供がそのようにコンプレックスを大きく感じるようになれば、大切な子ども時代を台無しにしてしまうかもしれません。

矯正治療を適切な時期から行えばそうしたコンプレックスを持たずに済むかもしれません。
また、仮に持ち始めていても治療で歯並びを改善できればコンプレックスも解消できるはずです。
だからこそ保護者が気遣い、関心を持ち専門医へ相談、診療する意義があるのです。

コンプレックスなく、明るく毎日を過ごせるように、まずは一度専門医のいる八尾の髙橋矯正歯科クリニックへご相談ください。