ホーム > 治療を始める時期について

治療を始める時期について

治療を始める時期について

矯正治療開始の目安

歯や骨の成長には個人差があるので治療時期や治療年齢にも個人差が生じますが、次のような時期が治療を開始する目安として考えるとよいでしょう。髙橋矯正歯科クリニックでは、各個人の状態にあった時期はもちろん、日常生活の弊害にならない時期を優先するよう心がけております。

  • 3歳から8歳くらいの時期(小学校の入学まで)
  • 8歳前後(小学校2~3年)
  • 12歳前後(中学校に入るとき)

矯正を行う時期の注意点

3歳から8歳までの時期
3歳から8歳までの時期
検診はできるだけ早めに、
治療開始は焦らずに。


検診を早めに行い治療は検診の結果を踏まえて適正な時期に開始しましょう。
乳歯の段階では、現在の状態が悪くなっていくのか、悪くならないのか、改善されていくのかが簡単に判断できないので焦って早めに治療を開始しても効果が得られないこともあります
また、幼い時期の治療は子供にとっての負担が大きく、大きなストレスを抱えたりトラウマになったりすることもあります。
そうならないためにも治療の必要性をぜひ専門医にご相談ください。

3歳から8歳までの間で歯並びが悪くなる可能性あると診断された場合、その期間は主に歯並びが悪くなるような癖を直す、直せる期間となります。

そのためにも、焦って治療する必要はないですが、検診は早めが良いでしょう。
8歳前後の時期
8歳前後の時期
8、9歳からでも矯正治療は十分にできるので(12歳まではかかる)、焦って意味もなく治療を始める必要はありません
必要もない治療に時間を取られては子供として吸収しなくてはならない大切なこと(勉強、遊び、家族や友達との時間など)を犠牲にしてはもったいないですね。

それまでは矯正よりも他の身に着けないといけない重要なことに時間を使って頂ければと考えております。
12歳前後の時期
12歳前後の時期
12歳前後の時期になると、ほとんどの方の永久歯が完全に生え揃っている状態となりますので、それまでの矯正治療とは大きく異なってきます
根をしっかり据えた永久歯を動かすことになるので、治療の際に痛みが伴う可能性も高くなります。

また、費用に関しても、12歳までの治療の方が低価格でご利用いただける場合が多いので、それまでに一度ご相談いただくことがベストだと考えています。

矯正治療を行う最適な年齢とは

矯正治療を行う最適な年齢とは
子供の歯科矯正の治療を開始するのに最適な年齢は特に定まっておらずその子供にごとに異なります。

その子供によって歯や骨格の発育・成長の状況が異なるので、何歳から始めたらいいとか、何歳が最適年齢であるとかは決まっていないのです。
その子供の状態に合わせて治療を開始するのがベストであり、そのためには早めに相談・検診(無料)を受けていただく必要があります
矯正治療を始められる最低限の時期
六歳臼歯(奥の大きな歯)と前歯の奥2本、前4本、上下が生えそろった段階が治療を始められる最低限の時期となります。

八尾の髙橋矯正歯科クリニックではその段階になるまでは治療をお待ちいただいております。
特に奥の2本の歯がないと装置を付けることができないので、その時期を基準とせざるを得ないのです。

吹奏楽をされている方の矯正治療

吹奏楽をされている方の矯正治療
吹奏楽で使用する楽器の種類によっては、 矯正治療に支障をきたす可能性がありますので、お申し出下さい。

現在されていなくても、吹奏楽部への入部をお考えの方もご相談ください。